« 元気ファンドで元気になろう! | トップページ | 7月7日(土) たなボた報告会 »

2007年7月 6日 (金)

7月5日(木)本日は上原デー!

7月5日は午後からずっと、「上原ひろ子デー」。

まず、午後1時半からJR千葉駅前で上原さん本人を中心に街頭演説。千葉市ネットの市議、小西由紀子(中央区)や長谷川ひろみ(花見川)、それに私もマイクを握り、応援のリレートークを続ける。

Jrchibaekimae

上原さんの話は元市長だけあって、市民生活に密着した説得力あふれるもの。大勢の通行人が通り過ぎていく中、立ち止まり、じっと耳を傾ける人がいつもより多い。「憲法9条を熱く語る市長」として、全国的にも名を馳せたその熱い思いが、しっかりとした理念と信念に裏打ちされ、しかも、実に分かりやすい言葉で語られる。

私は例によって、理念と信念とは何の関係も無くは無くもない(どっちやねん?!)、思いつきのたとえ話でお茶を濁す。

「憲法に関しては、自民党も民主党も、どちらがライスカレーかカレーライスか、というようなもの。カレーになくてはならないのがラッキョウ。味をきりりと締める。社民党はラッキョウのようなもの。上原さん、おいしいラッキョウになってください」

上原さんをラッキョウにしてしまった。すみません。福神漬けのほうが良かった?

と、上のように書いたあと、ふと「きっこのブログ」を読んでびっくり。福島みずほ党首もライスカレーの例えを使っているという。私は3年前からこの例えを使っているけど、元々吉川さんが言い出したフレーズ。船橋の自民党県議からはこのフレーズを巡って、「あんたは言う事が滅茶苦茶だなぁ!」とずいぶんイヤガラセをされた。

更に、驚くことは、みずほタンが「自民と民主の違いは福神漬けがついてるか、ついてないか、だ」と言ってること。あちゃー! さすれば、この福神漬けは、当然首相のことになる。昨日、JR千葉駅前では「社民党はラッキョウか、福神漬け」と私は言ってしまったのだ。それも、カレーの味を決めるいい意味で使った。

しかし、ラッキョウや福神漬けの身になってみれば、「なんでオイラがアベシンゾーなんだよぅ。失敬な!」と思うかもしれないし、「シャミンってほうが、チャーミング!」って思うかもしれない。

まあ、どうでもいいことですが・・・

このあと、午後3時半から生涯学習センターでミニ集会を開くので、みんなで旗をもち、スピーカーをかつぎ、いわゆる「もも太郎」をする。気温は30度! かんかん照り! でも、上原さんはウチワを片手に涼しい顔。私はマイクで呼び込み屋。

「ご近所のみなさーん、これから生涯学習センターで上原ひろ子のミニ集会を行います。ぞっと背筋が凍るような、憲法改悪や年金の裏話が聞けますよ。暑さしのぎにどうぞ、お集まりくださーい!」

上原さん、重ね重ねすみません。

Momotarou

生涯学習センターでは、衆議院議員の保坂展人さんもかけつけて、上原さんに引き続き、それこそ背筋どころか、坐骨神経まで凍りつくような、社会保険庁のでたらめさ、年金の惨状を語ってくれた。

さて、このあとは私が運転手になって、佐倉のミレニアムセンターまで、上原さん、保坂さんを運ぶ。今度は午後6時から佐倉でのミニ集会があるのだ。稲毛ネットの市議常賀さんの歌に送り出され、会場を出る。ああ、忙しい。

佐倉に着けば、狭い会場は満員状態。再び上原さんの熱いトークが始まる。憲法学者のもとに通って勉強したという話が胸に響く。そのときのテキストを見せてもらったが、ぼろぼろになって付箋もいっぱい。いつも上原さんの針路を示してくれる大切な羅針盤だ。だからこそ、上原さんの姿勢はゆるぎない。羅針盤の針はいつも、平和と人権と市民自治を指している。Miresen

保坂さんの話にもみんな熱心に聞き入り、あっと言う間に午後8時。もっと話を聴きたいところだが、明日は上原さん大阪入りとか。公選ハガキを参加者へ渡し、会はお開きとなった。

Hosakauehara_1

参加者も、お二人の話がすごく良かったと口々に言ってくれ、今日は一日疲れたけど、やって良かったと充実感が湧き上がる。

上原さん、絶対当選してほしい。参議院選挙は、比例区でも個人名で投票できます。おまちがえなく!

« 元気ファンドで元気になろう! | トップページ | 7月7日(土) たなボた報告会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元気ファンドで元気になろう! | トップページ | 7月7日(土) たなボた報告会 »