« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月26日 (月)

怒涛の3連休508キロ!

11月23日~25日の3連休でも、相変わらず大忙しでした。

11月23日(金)~24日(土)

「八ッ場あしたの会」の渡辺よう子さんが八ッ場を案内してくださるというので、急遽、宮田さんと群馬入り。久しぶりの関越自動車道は連休初日とあって大渋滞。お昼は車の中で肉まんをかじりながら、約束の午後2時半にぎりぎり間に合って「川原湯温泉」に到着。

前日は「群馬方面は吹雪いている!」という情報が飛び交い、深夜チェーン装着の練習までして臨んだのに、どこもかしこもあっけらかんと晴れ渡り、お日様ポカポカ。雪のかけらもないぞ。

1年半ぶりの八ッ場は、更に付帯工事が進んでおり、あちこちに無残な山肌の姿が見られた。↓

Yamahada

渡辺さんはいつもの爽やかな笑顔で、まずは長野原地区の「代替地」を案内してくれた。ここは、温泉街区の住民ではなく、道路新設のため移転する住民のための「代替地」。すぐ周辺の山林は坪数千円なのに、ここは坪10万円にも跳ね上がったという。こんなのっぺらぼうの場所が、第二のふるさとになりえるのか・・・↓

Daitaichi

これは近くの「長野原中学校」新校舎。生徒数は100人・・・

Chuugakkou

ダムに沈む長野原中学校があった元の場所には、まだ桜並木が残っていた。後の山の上の緑色のフェンスが、上の写真の新校舎のある場所。このように、沈没場所から上に移転することを「ずりあがり方式」と言って、八ッ場ダム予定地のあちこちに見られる。↓

Kyuuchuugakkou

美しかった吾妻川には巨大な橋脚が3基建造中。まるでコンクリートのお化けだ。これは3号橋の遠景。↓

3goukyouenkei_2 

3号橋の看板の前で。↓全長442メートルというから驚きだ。3goukyoukanban

こんな「お化け」も。 通称めがね橋というアーチ型が二つ連なった巨大な橋。橋脚だけでもこの大きさ。こんなもの、いるの?↓

Meganebasi

次に川原畑地区へ。ここも全没地区。80世帯が今は20世帯に減った。民家の移転のあとが悲しい。↓Iten

代わりにこのような道路とりつけ工事が着々と進んでいる。

Dourokouji

川原畑地区のてっぺんには渡辺さんが一番好きな場所がある。それがこの三ツ堂(みつどう)。天明3年の大噴火以前からここにあるという。

Mituzuka

その横には小さな石仏がひっそりと並んでいた。

Sekibutu

このお堂はお盆の時期にはロウソクが灯され、とても神秘的な風景になるという。それも今年限り。もうすぐノッペラボーな土地に移転させられてしまうという・・・

遠景を望めば、いやでも目に付くのは「砂防ダム」。土砂崩れ防止を理由にいくらでも作れるので、ゼネコンの「打ち出の小槌」だと言われているとか。白い三つ葉のようなものがソレである。

Daboudam

渡辺さんが言うには、この大々的な工事もまだほんの序のクチ。本体工事に入る前の付帯工事に過ぎない。それなのに、すでに総事業費4,600億円の半分以上を使ってしまっている。この先、再び事業費が倍増することも大いにありえる。そのとき、八ッ場ダムに参画している千葉県を含めた1都5県は負担できるのか???

また、ずるずると無駄な工事を続けることで、ゼネコンは潤い、逆に地元住民はヘビの生殺し状態だ。ここでスッパリとダム撤退を決め、地元の再建策にお金を投じたほうが、何倍もムダが防げ、住民のためにもなる。

夜、連休ということでにぎわっている「ダムに沈む温泉」川原湯の、ひなびた旅館のお湯に浸りながら、複雑な心境になった。

11月24日~25日(日)

さて、一夜明けた朝、宮田さんと別れ、私は一人で一路木更津のアカデミアパークをめざす。「地域医療」のシンポジウムが開かれるのだ。午後1時から、あの日野原医師の講演があるのでそれまでに木更津に着きたいとがんばったが、関越道をおりて練馬からいきなりの大渋滞。環八も大渋滞。休日なのになんで??? アクアラインにたどり着くまで、なんと都内を抜けるのに3時間もかかった。

ほうほうのていでアカデミアホールに着いて、何とか残りのシンポジウムを聞くことができた。翌日は分科会。私は「崩壊する?地域医療」分科会を選び、友子さんと熱心に聴く。Bunkakai

北海道の西澤医師の「道内のいろんな協議会が一同に集まり、何が足りないのか、療養病床の問題も含め話し合って問題点を洗い出した」というお話が、千葉県を考える上でも大変参考になった。

一昨年、健康福祉常任委員会で視察した高知県の職員の方もおり、あのPFI方式で建てた高知県医療センターの「その後」も聞けた。やはり、金融企業が病院業務を運営するむずかしさがあると言う。

さて、最後はお待ちかね、諏訪中央病院の鎌田實さんが登場。看護師の川島みどりさんと、極上の対談を繰り広げた。

Taidan

川島さんの「看護は、医学的知識よりも、生活行動の援助をきちんとすることに本旨がある」「看護に求められる優しさとは、自信を持つことから生まれる。倫理的な優しさより、自信に裏打ちされた確かな優しさを!」という言葉に深く共感。

全体的には、「医療の崩壊は、日本の国自体の崩壊につながる」という危機感にピーンと貫かれ、さまざまな示唆を得ることができた。松本文六医師の言葉を紹介する。

「医療崩壊とは? 病院勤務医が、さまざまな医療政策の朝令暮改的な改変やマスメディアの過度にして不正確な医療事故報道などにおより、その勤務の過酷さに耐え切れず、マイペースで私生活と診療が選択できる開業へと走ったために、病院が医師不足により閉鎖されたり、診療科の縮小・閉科に伴って、患者が従来どおりの至便な医療が受けられなくなっている状況である」

また、クチ達者日本一の慶応大の権丈善一医師の言葉・・・

「医療をどうしても変えたいのであれば、雨が降ろうが槍が降ろうが、はたまた空からミサイルが降ってこようが、今日の医療崩壊に手をうとうとしない政党には拒否権を発動するしか方法はない」

終ってみれば3日間の走行距離は508キロ。公共工事と医療崩壊という日本が抱える二つの大きな問題に、再び頭をかかえこむ。でも、「癒し」で終りたいので、癒し系のご本尊鎌田先生が写してくれたスライドを最後に貼り付ける。チェルノブイリの女性宅を訪問したときのもの。この女性は極貧にもかかわらず、鎌田先生が訪問するときはいつも、精一杯の手料理でもてなしてくれるという。これがホスピタリティーの本質!と鎌田さん。

Cherunobuiri


2007年11月21日 (水)

エコテックの現場から

今日はるばると訪れた場所は、旧海上町(今は旭市)の公民館。佐倉から国道296で酒々井~多古~匝瑳と、車を飛ばして2時間近くかかった。

海上で待っていてくれたのは、かのエコテック裁判を闘っている住民連合の面々。エコテック裁判とは、このブログでもたびたび取り上げたが、6年前、前知事沼田氏がやめる直前、悪徳産廃業者エコテックに建設許可を出してしまったあと、この県の許可が違法であると、住民が訴えている裁判である。

今年8月21日、千葉地裁は「環境汚染を防ぐための財政能力を持たないエコテックに許可を出した千葉県は違法である」という判断を下し、全国初の住民勝訴となった。

ところがその直後、9月4日、堂本知事はこれを不服として高裁に控訴してしまったのである。6年間以上もこの裁判に精魂傾けてきた住民の落胆は大きかった。「環境派知事」堂本さんに対する「裏切られた」という原告団の気持ちは、察するに余りある。

この写真は9月3日、「堂本さん、控訴しないで!」という署名5,000人分を持って県庁前でアピールする住民連合の皆さん。↓(東総住民連合のHPより)

Kenkoushou

そして今日、エコテック現場を見たいという我々7人がお邪魔したというわけだ。原告の阿部さんが、概要を説明してくださった。元町議とあって、さすがに的を得た説明。そのあと、越川さんが手作りしてくださったお弁当に舌鼓を打ち、いよいよ現場に出かけた。

これがエコテックの入り口。昨年までは土砂が運び出されていたそうだが、今は停まっている。

Frontofecotec

敷地面積6,3000平方メートルという広大な事業場は、周りを金属のヘイで覆われ、中を覗くことはできない。

ところが、そこはさる者、阿部さんがハシゴを用意していたので上ってみることに。

Hasigo

右はオンとし80プラス?才の井村さんである。誰よりも軽やかに梯子に上ってみせた。

これが上から覗いた写真。↓

071121

これは昨年の3月、同じ場所を写したもの。↓

060313

ずいぶんと雑草が生い茂ったものだ。産廃にも絶対負けない雑草のように、東総住民の皆さん、これからも逞しく裁判に取り組んでください。


11月20日(火) 箱乗り、悪乗り

本日は議会運営委員会。いよいよ来週から12月議会が始まる。

議会運営委員会、略して「議運」とは、議会の会期や議員の質問日程を決める大変重要な委員会である。

市民ネットは2人会派なので、議運の正式メンバーとはなりえず、「委員外議員」という不本意な名前で呼ばれる議決権のない存在である。全国的には、議会改革が進んでいる県ほど、少数会派もきちんと議会運営委員会のメンバーに加えている。千葉県の議会改革は、まだまだ道遠しと言わざるをえない。

さて、本日は吉川さんがとてつもない車に乗って議会へやってきた。

Parking_2

議会棟の駐車場に堂々と停まっているのは、かの「パトリオットはいらない」街宣車ではないか。吉川さん、これに乗ってきたのである。 ただでさえ警備の厳しい議会棟。守衛さんがビックリ仰天したそうな。

私もついでに乗車。つい、「市民ネットの大野でございます♪」とウグイスをしたくなった。↓

Uguisu

二人で箱乗りのポーズ! 

Hakonori

こんなふうにお茶目をいたしているけれど、今日はなかなかに厳しい1日であった。午後からは、太平興産の産廃処分場の汚水漏洩問題のヒアリングを入れていたのだが、その前後に色々と「少数会派いじめ」のようなものが起こり、はて、誰が後で糸を引いているのか、こんなことで千葉県議会はまともな改革ができるのか、はなはだ疑問を感じた1日であった。


2007年11月20日 (火)

報告会の報告!

11月18日(日)県議会報告会を開いた。パソコンが直前に戻ってきたこともあり、当日のパワーポイントを午前3時までかかって一気に作成。眠い目をこすりながらの報告会となった。

内容は10月議会での質問が中心。なるべく写真を多くして、分かりやすい説明をこころがけた。

Houkokukai

ゲストの川本さんは先日終ったばかりの決算委員会の報告が中心。落札率の高止まりや、無駄な公共事業など、千葉県政はどこに手をつっこんでも「困ったちゃん」が出てくる。川本さんは具体的な数字を示しながら、困ったチャンを次々と披露。聞いている人々からはため息がもれた。もう聞き飽きた「貯金ゼロ、借金2兆4千億円」というすさまじい千葉県のふところ具合も、川本さんの口を借りると新鮮なものに聞こえる。

Manzai

快晴の日曜日にもかかわらず、足を運んでいただいた皆さまありがとうございました。お約束のように、またもや「パワーポイントが写らない!」騒ぎもきっちりとお見せできましたこと、深くおわびもうしあげまする。

さて、このあとは佐倉市に新しくできた「さくら風の村」のオープニングに参加。八街にある特養「風の村」の姉妹施設で、こちらは在宅ケア(通所、ショートステイあり)中心の施設。障がい者の授産施設も建設中。ゆくゆくは裏の竹やぶを切り開いて子どもたちの遊び場にする計画もあるとかで、高齢者・障がい者・子どもというブレーメンな空間を創出する全く新しい施設となる。

オープニングには顔なじみの県の健康福祉部の職員さんたちも大勢見えていた。その中に、障害者条例を成立させるため、立ちはだかる反対派の説得に獅子奮迅の働きをしながら、ついに成立を見ることなく厚労省に帰っていった伝説の人竹林さんの顔もあり、懐かしさに思わず駆け寄った。とても元気そうだったが、今は年金の仕事だとか。相変わらず苦労をしょっていらっしゃるのね。

「さくら風の村」には常駐のお医者さんがいる。これがまあなんと、若くてヨンサマそっくりの好青年。「老後を施設ではなく、自分の家で暮らせるよう、医療の立場でお手伝いする」というしっかりとした理念の持ち主で、なんと頼りがいのあること! さくらネットの面々と一緒のヨンサマ↓

Yonsama


2007年11月17日 (土)

県議会報告会のお知らせ

ブログが長い間書けなかったので、1日前のお知らせになってしまいましたが、明日、県議会報告会を開きますので、皆さま、ぜひお越しください。

今回は、川本さんをゲストに迎え、二人で「議会漫才」を繰り広げますので、どうぞお楽しみに。

二人とも、パワーポイントを使って、ヴィジュアルで分かりやすい説明をこころがけております。私は10月議会での質問が中心に、川本さんはその後開かれた決算委員会のことが中心になります。

*日時 11月18日(日)午前10時から12時

*場所 佐倉ミレニアムセンター第3会議室 (京成佐倉駅隣接)

川本さんは3週間続いた決算委員会で、毎回きっちり質問、的を得た指摘を行い、傍聴者をうならせ続けました。本人は決算書の山にうなり続けていましたが・・・ その決算書を愛用の風呂敷に包み、モナリザの微笑を浮かべる川本さんです。↓

Kawamotosan


ブログ復活! ペン先は振れず。

皆さま、またもや吉野家、パソコンに風邪を引かせて(今度はお茶!)長期入院を余儀なくさせてしまい、ブログをお休みしていました。誠に申し訳ありませんでした。ほんとに懲りないワタクシではございますが、今後ともどうぞよろしく。それではレッツ・ケンケン・ゴーゴー!

例によって、今までのところをざっくりとご報告します。

11月8日(木) またまた、山砂採取現場を視察

今回は視察にあたり、色々苦労した。驚いたことに、県の商工労働部が「このブログで山砂採取のことをボロクソに書いたので業者が怒っているから、大野議員の依頼では視察をさせることはできない」と言ってきたのである。そんな無茶な! 県は業者の手先なのか!

我々議員は県の施策を検証し、批判や指摘をすべきところはきちんとすることが仕事である。業者側の言い分をウノミにして、議員にそのまま伝えることを、商工労働部はどのようにお考えなのか。

押し問答の末、商工労働常任委員である吉川さんを通じて交渉。これにはさすがに拒否できないとみえ、視察はOKとなったが、写真撮影は業者の許可した場所以外はダメとのこと。別に隠し立てするようなことはないはずだが・・・ハテ???

なにはさておき、この写真が「許可」された現場の1枚。↓

Yamasunasankyou

 これにまた批判的なコメントを書けば、何かと「某所」から文句がでるのであろう。私に対する風当たりや、意地悪なしっぺ返しも今まで以上にきつくなるのであろうが、覚悟をしてブログを書いている。

山砂採取はやっぱり、究極の環境破壊である。いかに合法であろうとも!

しかし、今回の業者さんは事前のいざこざがあったわりに好印象で、気持ちよく対応してくれた。緑地復元もうまくいっていないと、正直に話してくれた。下の写真はやはり「許可」を得たもので、3年前に草の種子を吹き付けたがいまだ発芽せず、岩肌をさらしている採取場。

Hageyama 

11月10日(土) 芸術の秋

佐倉市在住の彫刻家久保浩(こう)さんの作品が日展で展示されているというので、六本木の新国立美術館に出かけた。この美術館、先ほど亡くなった黒川紀章の作品。ガラス張りのピカピカの建物である。展示スペースは国内最大とか。

久保さんご本人に案内をしていただき、広い広い会場を見てまわった。これが久保さんの作品。題して「野育ち」↓

Img021_3

ほれぼれするような若々しさと野性味と生命力を感じる。

これはその翌日、箱根の「彫刻の森」で見た作品。↓

Sculpture_2   

こちらは、野育ちではなく「街育ち」らしいダイナミックな 女性像である。そのずっと右をご注目ください。ギョギョッ!地面に「焼死体」のようなものが・・・ 

しかし、これが彫刻なのである。題して「密着」。ふむ・・・


2007年11月 5日 (月)

ダムに負けない村を作ろう!

決算委員会もいよいよ中盤にさしかかった。10月26日から11月12日まで、6回開かれるが、本番前のヒアリングと本番直前の質問項目提出と、毎日準備に追いまくられている川本さん。一緒になって追いまくられている私。私としては二人三脚で乗り切っているつもりなのだが、文字通り、川本さんの足を引っ張っているだけかも・・・ とにかく、川本さんは誰もが「あれで新人?」と驚嘆するような、鋭いツッコミと厳しい指摘を毎回展開している。

さて、本日は午前中は西志津小学校で行われた防災訓練に参加。地震体験車は相変わらずの人気で、長蛇の列。↓

Nisisizushou

午後からは東京は永田町に。「八ッ場あしたの会」のシンポジウムが開かれる。この会は、昨年の一大イベント「加藤登紀子八ッ場を歌う」から派生した会で、今日も登紀子さんを中心に大いに盛り上がった。

なんと言ってもシンポジストが最高! 登紀子さんはもちろん、元鬼石町長で現群馬県議会議員の関口茂樹さん、熊本県の川辺川予定地相良村の村長矢上雅義さん、温泉評論家の石川理男さんなど、論旨明快でいずれ劣らぬ「しゃべりの名人」さんたちだから、面白いこと面白いこと。

矢上さんは地方の小さな自治体の財政難をルル述べ、ダムが国交省直轄なのはおかしいと指摘。自衛隊のシビリアンコントロールのように、ダムや河川管理は地元の首長の判断にゆだねるべきであると力説した。また、国が地元住民の懐柔策としてよくやる手は、「タクシーで連れ出し飲ませる」ということだが、その費用をどうして工面するか? まさか予算計上などできないから、「裏金」が必要となる。じゃあその裏金はどこから出てくるか。

矢上さんは、ダム建設は本体工事に取りかかる前に、ゼネコンが工事用のとりつけ道路などを作るが、このときに不必要な裏金がプールされるという。

今日のテーマは現地の「再生」。ダムに反対するだけでは地元の住民のことがお留守になる。地元の長野原村が元気になる形で、どうやったらダムに終止符を打つことができるか。ダムに振り回される村ではなく、ダムに負けない村をつくろう、という一点に集約される論点が強調された。

今日のパネリスト。左からハンサムな村長矢上さん、こんな県議が千葉県にもほしい!関口さん、二人おいて、ご存知登紀子さん。↓

Panelist

最後に田中康夫さんも登場。「ダム」で追い出された田中です、と笑いをとる。

Tanakayasuo_2

最後の最後に、恒例の「サプライズ」。登紀子さんが「レボリューション」を歌う。

Tokiko

そして、もっと「サプライズ」だったのは、会場の星陵会館のすぐ前にこんな看板が!

Sangin

看板にはこう書いてあった。

「参議院新議員会館整備事業」、つまり今問題の議員用宿舎の用地だったのである。ダムも議員宿舎も、両方いらん!!!


« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »