« きなだやま?それは何だと 知事の顔 | トップページ | ブログ移動しました »

2009年6月 8日 (月)

安全・安心日本一とは? みんなで見張る社会?!

森田マニフェストで、重点政策のトップに掲げられているのが「安全・安心日本一」である。知事初めての予算編成である6月補正に、まず「移動交番」が入ったことからも、尋常ならぬ力の入れ方が伝わってくる。

マニフェストでは、千葉県の治安がいかに悪いか、これでもかというくらいに強調されている。確かに犯罪発生率は全国ワースト8位だが、これは人口が多いところには犯罪が多発するのは当たり前だから、順当といえば順当。

ちなみに、人口1万人あたりの刑法犯が多い順から挙げると、

1位大阪府(229.1人)、2位愛知県(196.6人)、3位京都府(190.4人)、4位福岡県(178.6人)、5位兵庫県(174.5人)、6位埼玉県(172.2人)、7位東京都(166.3人)、8位千葉県(165.3人)、9位茨城県(147.8人)、10位栃木県(142,0人)

マスコミが異常犯罪や凶悪犯をセンセーショナルに報道し、社会は「体感不安」で充満している。この現象を冷静に検証してみようと、6月7日、札幌学院大教授の清水雅彦さんを講師に招き、学習会を開いた。

清水さんのお話で分かったことは、警察権力が社会の隅々まで入り込んできている現実だ。90年代から全国的に「安全・安心条例」が作られていき、自治体と警察だけではなく、住民(自治会)と警察、学校と警察の連携が強化された。生活安全局が肥大化し、行政警察が拡大し続けている。

森田マニフェストはこうした「警察による暮らしの監視」システム構築の一環として捉えることができる。その証拠に、マニフェストのサブタイトルが「みんなで見張る!」だ・・・ 本当に作るべき社会は「みんなで見張る」ような社会ではなく、「みんなで見守る」社会ではないか。

犯罪の防止に警察はなくてはならない。しかし、市民が警察化することは大変危険である。ちょっとしたことで人を疑い、不信感を増幅し、信頼に基く関係が保ちにくい社会になってはいけない。

憲法学者の清水さんの言葉は、ユーモアに包まれながらもしっかりと冷静な科学的分析で裏打ちされ、大変充実した学習会だった。

その帰り道、ちょっと寄り道して、国交省の千葉出張所を見てきた。例の「直轄事業負担金」問題で、やりだまに上がっているおかしな地方負担金がここにも流れているのだ。出張所の耐震補強工事に、千葉県は2010万円負担することになっている。これがその建物↓

Kokkoushoujpg

かなり古い建物だったが、なんで千葉県が負担するのか、やっぱり腑に落ちない。


« きなだやま?それは何だと 知事の顔 | トップページ | ブログ移動しました »