« 2月議会が終わりました | トップページ | 民主主義と情報公開 »

2004年3月23日 (火)

年金のはなし

雨も降って、寒くてちょっと風邪気味。
午前中は通信原稿、駅まき速報の紙面作り。
ちょっとぼーっとして、パソコンに向かう。

午後は年金学習会。ここのところテレビでも年金の特集が目立つ。
講師は千葉県選出民主党国会議員の内山あきらさん。松崎公昭さんとお二人できてくださった。関心が高く、大勢の人が参加。
若者が年金制度に絶望し、納めていない人が急増するご時世です。
まったなしに制度改革は必要だけど、自分の年金がそもそもどうなっているかわからない。
離婚の場合の年金分割の話はひろみさんがくわしく書いてくれたのでお隣を参照。
民主党案の国民・共済・厚生年金を一本化するのが一番わかりやすく公平なんじゃないかなと思う。
「女性と年金」もう一度読み直してみます。

今日は風邪ぎみでぼーっとしていて、せっかくのお話が半分しか頭にはいらない。(元気な時だってザルのように言葉が逃げて行くんですが・・)
高校再編に関する情報は、本来ならすでにここに書いているはずですが、もう少し、お待ち下さい。ではおやすみなさい。

« 2月議会が終わりました | トップページ | 民主主義と情報公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180589/10435018

この記事へのトラックバック一覧です: 年金のはなし:

« 2月議会が終わりました | トップページ | 民主主義と情報公開 »