« 子どもはみんな光の子 | トップページ | 年金のはなし »

2004年3月22日 (月)

2月議会が終わりました

県議会は、毎回、台風のようです。
今回は羽田拡張を巡る全員協議会で会派を代表して、私が質問。
一般質問は吉川さん。欲張って、てんやわんや。
初体験の予算委員会は私。
最終日、議案、請願に対する討論はひろみさん。
16年度予算には賛成しました。
八ッ場ダム、住基ネット、外郭団体の改革、など
納得できない問題もいっぱいあったけど、
でも、障害者福祉で前向きな姿勢が見えたこと、
なんといっても外郭団体を外部評価を得ながら改革しようとする視点は沼田県政当時よりは進んでいる、
と思えること、などで評価。賛成しました。
いっぱい文句をつけながらの賛成だから、ひろみさんが話している間も議席からは共産党からも自民党からもブーイング。
いやーきついです。
それにしても請願に対しては、
小項目ごとに賛否を聞いたりするのに、1兆6千億円もの予算では、一括採決っていうのは、乱暴な気がするんだけど・・・。
なんとかならないんでしょうか?
市議会議員だった頃から、いつも、ぎりぎりしんどい選択を迫られます。
吉川さんが、花沢県議の納税滞納・免除問題の真相究明を求める決議案について趣旨説明をしました。同じ議場にいる人に対して、批判の声を上げるというのは、きついものです。
きっちりやりきった吉川さん、ご苦労様!
ブーイングの辛い討論をしたひろみさんも、お疲れ!
かくて、私達の3月議会は幕を下ろします。
そうそう、生浜高校の請願3本とも採択され、おめでとう!

昨日は、午前は中学生の剣道大会。
開会式前の、武道館に張りつめた「気」がすごい。
いわゆる卒業式なんかで感じる軍隊みたいな「気」でなく、
真剣な試合前の少年・少女の発する「気」が、さわやかですごい!
開会式のあとも少し見学させていただきました。
「残心」という言葉を教わりました。
打ち込んだ後の一瞬、気持ちを張ったまま残しておくことだそうです。私は「詰めが甘いよ」とよく言われます。
きっと「残心」ができていないんだろうな、と思いつつ、試合を見せていただきました。
午後は市民ネット総会、後、春の交流会。悩みのつきないこの頃です。
写真を撮ったんだけど取り込めない!
だから、剣道大会のパンフの表紙です。

« 子どもはみんな光の子 | トップページ | 年金のはなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180589/10435017

この記事へのトラックバック一覧です: 2月議会が終わりました:

« 子どもはみんな光の子 | トップページ | 年金のはなし »