« 目からうろこ!仰天!防災! | トップページ | かけあし日記 »

2006年7月27日 (木)

ちば!元気!ファンド!

今日は、市民ネットワークが元気な市民活動やコミュニティビジネスを応援する基金「ちば元気ファンド」の公開審査の日です。審査委員は、NPO街づくりセンター理事、ネットの顧問弁護士、千葉大の先生、コミュニティビジネス闘士、生活クラブFPの会理事、NPO活動を行っている人、そして私と博美さんです。ここまでこぎつけるための事務局の努力にも頭が下がります。

今回の審査は9組が、活動資金の助成をうけるために、緊張のプレゼンテーション。何しろ、時間は7分、その後、質疑5分。3分前、1分前、おわり、のウチワが情け容赦なく掲げられ、プレゼンはタイムアウト。もっと聞きたい、と思っても、質疑の時間もあっという間にタイムアウト。Save0050

開かれた助産院の提案。中東の女性達を描いた映画を上映したい。障害者の居場所づくり。自主保育。不登校の子ども達グループのイベント費用。介護予防の元気印集団。シャッター街活性化をめざす事業。多重債務相談活動、などなど。熱気にあふれた発表の後は、審査員一同残って審査。

あーでもない、こーでもない。熱い気持ちはわかる、でも、この部分は自力でひと踏ん張りしてもらいましょうか。今後に期待して、この事業に助成決定!等など・・・こちらも必死。

ぐったり疲れて日が暮れて・・・決定!後日、参加団体に結果を報告します。

写真は介護予防のための元気ふれあいクラブ希望の輪の面々のプレゼンテーション風景です。Cimg1590

« 目からうろこ!仰天!防災! | トップページ | かけあし日記 »