« また消えた! | トップページ | 大きな一日 »

2006年7月 2日 (日)

集まれ!横浜で

昨日から今日と横浜・山下公園近くの県民ホールで市民ネットの全国交流集会「・ローカルパーティで政治を変えよう」集会が開かれた。その名も、「全国市民政治ネットワーク」と改名したわが団体。市民ネットワーク千葉が事務局担当だったので、この準備に関係者一同大変だったと思う。ほんとにご苦労様でした。

北は北海道から南は福岡/熊本まで、議員と会員が勢ぞろい。現在関係議員総数は全国で146人。当日参加は300人有余。選挙は水物、懸命に政策を訴えても結果が出ないこともありますが、でも、こうして一同に会して情報交換をしたり、もう一度原点に返って市民ネットのありかたを見直したり、などすることで「元気・復活!」します。

私は第2分科会(議員と議会の役割)のパネラーの末席を汚しました。事例報告は神奈川の議員提案条例、多摩市の市民自治条例づくり、市民と行政の協議会の事例、そして、私は、千葉県議会の状況の「漫談」。コーディネーターはいつも元気な又木京子さん。写真は以前に撮った又木さんの写真。Cimg1246

市民と行政の「協働」とはいっても、しょせん、安上がりに使われる、行政のアリバイづくりに使われる、行政に認められて何だか一人前になったように勘違いする、なんてことになる心配がつき物なのが市民と行政の協働の実態。少数会派でがんばっているつもりが、いつの間にか多勢に無勢で多数派に飲み込まれる、なんていう危機だって、絶えずある。そんな時に、しっかり糞ばって自分達の立ち位置を貫いている仲間の話を聴くことは、とても励まされる。共通の悩みの事例を聞くことも、大事。みんなけなげにいじらしく頑張ってる。

河野栄次さんが、自分たち自身の「これからの社会づくりにむけてのビジョン」を書き出そう、と提案。われわれが目指すべきは、「議員権限を市民に使えるようにすること」「政治を生活の道具にすること」である。と喝破。おっしゃるとおりです。

とかく国政論議の方が格が上のように勘違いしがちだけど、軸足をしっかり基礎自治体におこう。私たちは、「今・ここ」の地域に住んでいるんだもの。それを守るために国があり世界がある。その視点を再確認しました。821125174724qz6

例によって、カメラを忘れたので、山下公園の観光案内から一枚写真を失敬しました。山下公園の「赤い靴はいてた女の子」の像。「♪赤い靴、は~いてた女の子~、ひーじーさんに、つーれられていーっちゃったー♪」。子どもの頃、「ひー爺さんは外人さんだったんだなあ、たいへんだなあ」としみじみ納得していた私です。

« また消えた! | トップページ | 大きな一日 »