« キュー日です | トップページ | あっち・こっち・俳句 »

2006年7月18日 (火)

ロビーコンサート

朝から雨です。北陸・山陰は大雨の被害で土砂崩れなどが起きています。床上浸水のお宅の疲れきった表情が痛々しいです。

私は、市原で通信のカットを描いたり、編集のお手伝いをしたり。桑田さんに「今日はロビーコンサートよ」と教えてもらい、出かけました。本日は「いちはら童謡を歌う会」の皆さんです。

夏の思い出、夏は来ぬ、と続き、「海」「われは海の子」と続くと、もうだめ!

♪干網浜に高くして、かもめは低く波に飛ぶ・・昼の海。島山闇に近きあたり、いさり火光淡し、寄る波岸に緩くして、浦風かろく沙吹く・・夜の海♪・・なんて歌詞は海辺育ちの私には、磯の潮風に肌が湿り、波音を聞きながらサンダル履きで浜伝いに家に帰るけだるい時間が、くっきりとよみがえり、ジーンとしてしまいます。トドメは月の砂漠!たまりません!Cimg1570

さて、その後もネット事務所であれこれ。今、いちはらネットではターミナル・ケアすなわち終末医療をテーマにして特集記事をまとめています。最近の新聞に診療報酬が改定され、家での看取り促進のため在宅療養支援診療所が加算対象となり、届出が全国で8595件と報道されていました。「では、市原は具体的にどこが手を上げているのかね」ということになり、問い合わせたのですが、県医療整備課が担当でなく、千葉社会保険事務局の所管ということで、そちらに電話しました。

ところが、ぎっちょん。該当医療機関名は電話では教えられない。聞きたかったら、事務所まで来るように、とのこと。え~?なんで~?ホームページで公開しなきゃ医者に掛かれない。終末医療をお願いしたくても、どこがやってくれるのか、これじゃ、わからない。情報がない。選べない。意味がない。

仕方ない!明日、開示請求書を書いて「開示」してもらうために千葉まで出かけます。開示には基本料金が300円かかります。「後日資料はお出しするので、また来てください、なんてことにはならないでしょうね」と念を押したら、「あらかじめ言っておいてくだされば、その日にお出しできます」だって!きっと、無駄足を踏まされた人もいたことでしょう。

医療制度改革、なんて難しいことを言う前に、こんな基本的な情報公開からやってほしい。本日の、開いた口がふさがらないハプニングでした。カットは開いた口のター坊。Save0046

« キュー日です | トップページ | あっち・こっち・俳句 »