« やっぱりすごかった高森先生 | トップページ | 再び・コスタリカ »

2006年8月25日 (金)

ア~ア・・・

連日ドタバタと夜まで外出する日が続いている。そんな折、大槻副知事が、8月一杯で辞職するニュースが飛び込んできた。

昨日の朝、8時過ぎ、突然の知事からの電話。何事かと思えば、大槻副知事が辞任することになった、との報せ。「寝耳に水」の報せが呑み込めず、え・・?????

頭は、ハテナマークだらけになりつつ、人懐っこいやさしい大槻さんの顔がしきりに頭の中にちらつき、・・・とりあえず、博美さん、吉川さんに連絡。二人とも「え~っ?」とびっくり、がっくり・・・・。

まもなく、今度は副知事本人からの電話・・・。何と言葉をかけてよいか、言葉が見つからない。淡々と静かに、道半ばで辞職することをわびるいつもの大槻副知事の声。私としては、「ほんとに残念です。障害者条例にしても、環境問題についても、今後のことが不安です。でも、ほんとにご苦労様でした」としか言いようがない。

午後、新聞社から取材の電話。「感想は?後任の副知事人事についてのお考えは?」

「突然のことで、考えがまとまらない。でも、あわてて議会対策を考えた後任人事に走るのでなく、当分の間、じっくりと周辺の声を聞き、もう一人の副知事を立てることがふさわしいのかどうかも含めてあせらず、検討してほしい。」と、やっとのことで答えた。目先の議会対策というコップの中のドタバタに目を奪われて、県民益を見失うことがあってはならない。

それにしても、信頼し、尊敬する大槻さんがいなくなることは・・・・ア~アである。副知事は、今後は長野県に移住し、第三の人生を選択すると言う。外には、虫の声。明日から少し、涼しくなるという。新たな秋の攻防が始まる?・・・ア~ア・・。

写真は、眠狂四郎無頼控の文庫本を枕にして眠るハナコ。Cimg1610

« やっぱりすごかった高森先生 | トップページ | 再び・コスタリカ »