« 市原ワールド | トップページ | ワインの後で »

2006年10月29日 (日)

すっかり・ご無沙汰

あれから、な~ん日たったので~しょう~♪連日バタンキューの暮らしをして、ホームページへの書き込みをすっかりサボってしまった。さて、どこから書きましょう。

16日から、朝の駅頭での街宣。17日午前中はは県ネット臨時運営委員会。かなり発熱した議論になりましたが、私は失礼して、市原へ。

2時、山倉ダムの湖辺は日ごろゲートが閉まっていて入れないのだけど、無理になんとか入りたい、ダム湖辺を歩きたい、とお願いしてご案内いただくことになっていました。職員の方々も、市民ネットの仲間たちもすでに来ています。私としては、とにかく鍵さえ開けてもらえればよかったのですが、大勢の職員の方が来て下さって恐縮してしまいました。

念願の湖辺は思ったとおり、素敵な散歩道。道の一部は市原へ移譲も決まっているそうです。こどもの国と一体で水辺空間が市民活用が図られるように整備されれば最高なんだけど・・・と、ぐずぐず・シクシク、未練がましく思いながら歩きました。民間売却では、ほんとに悲しい。(ここは、市原の土地!勝手に民間売却するのは、養子に出していた子どもが、どこの誰かもわからない人に売られるようなもの!)写真は、日ごろは見られない小径からのダム湖の風景です。テクテク約一時間で一周しました。Cimg1747

その後また県ネットへもどって役員会。ふーっ!帰宅後はバタンキュー。

翌日から、北海道視察。その報告をびっしり書いて、ちょっと躊躇して・・・削除して、なんだかくたびれて・・・一服。せめて、一枚大通り公園の大木の写真。大きな木が枝を切られず、のびのびと枝葉を茂らせている様は圧巻です。Cimg1757

もう一枚は、北海道警察航空隊を視察したおりの一枚。厳寒の北海道では、温度管理が大切。その温度管理がしっかりされた格納庫の小型ヘリ、かっこいいぎんれい2号?の雄姿です。Cimg1760

何しろ広い北海道では、ヘリ出動の1/3が山菜取りで行方不明になる人です。海難救助、やまでの遭難、そして山菜取り、何でもありの救助隊は常日頃から身体を鍛えます。格納庫内には、ロッククライミング用の絶壁も準備されています(写真)。隊員は日常的に訓練するのだとか・・。Cimg1758

帰宅後は各地の市民体育祭にお邪魔し、そして合間に、決算資料をぼちぼち読み始めます。ネット運営委員会やら、こなしながら、決算委員会に突入。病院局、教育庁、一日おいて商工労働、環境生活、議会事務局・・と続きました。

28日(土)街宣車で一日市内を回りましたが、むしろ私にとっては、息抜き?・・・ご近所の皆様、やかましくて、すみません。明日、あさってとまた決算委員会です。

« 市原ワールド | トップページ | ワインの後で »