« 地域フェスタと国際交流 | トップページ | 行方不明の後期高齢者医療制度 »

2006年11月23日 (木)

寒い一日

朝から、テクテク、通信の残りを配布。帰宅しようとして、その前に図書館に先日の読み聞かせ用の大型絵本を返却に行きました。

おや?市原市立中央図書館開館15周年記念?「郷土ゆかりの資料展」と今回市原市が購入した深沢幸雄画伯のガラス絵も展示されています。古城江観、石川倉次、立野信之等などに関する展示あれこれ・・。ちょっと儲けた気分で一旦帰宅しました。チラシの中の深沢先生のガラス絵。もちろん本物は美しい彩色が施されています。Save0029_1

さて一服して、午後JR市川駅へ。実は、4年前に市川市民が集まって2年がかりで策定し、すべての会派が賛成して誕生した「市川市男女平等基本条例」。その条例が、12月議会で突然「改廃」の憂き目に会っているのです。変えたい議員達の言い分は「うっかり賛成してしまったけど、あの時は勉強不足だった。」というもの。

そりゃあんまりな、伝ベエさん!議員自ら「勉強不足だったからうっかり賛成しちまった」なんて、恥ずかしいこと、言えたこっちゃないでしょう!というわけで、「平等」という文言が入っていることでも画期的な市川の条例を変えさせてなるものか、と千葉県議会の女性県議も駆けつけての街宣となったわけです。

寒い中、大勢の議員やら市民やらが集まってリレートークをしました。何?ということで立ち止まる若者もあり、男性もあり、寒かったけど、「ふところにホッカイロ、心に熱い想い」の一時間でした。

29日が市川市議会議会初日です。傍聴席を市民が埋め尽くしてほしい、と熱望します。

« 地域フェスタと国際交流 | トップページ | 行方不明の後期高齢者医療制度 »