« 教育を恐育にするな | トップページ | 強行採決 »

2006年12月12日 (火)

常任委員会

本日は、朝から環境生活警察常任委員会。12月議会は、わが常任委員会は「拡声器使用による騒音の規制に関する条例の一部を改正する条例の制定」、木更津の産廃処分場の新設をやめてほしい、という請願一件、のみ。

私は、「その他」の項目で、市原妙香の汚染除去、太平興産、山砂採取などについて、今の状況などを尋ねました。博美さんが属する健康福祉常任委員会は「認定子ども園」を始め、案件も多く、4時近くまで。委員も職員もお疲れ様でした。

教育庁関係は、第三次高校再編の性急さに抗議する請願がどっさり出ていて、さらに日暮れまで。教育庁が、ろくに在校生、保護者、地域の声を聞かずに統廃合の計画を進めようとしたために県民の怒りを買っているのだから、身から出たサビとしか言いようがありません。

なぜ、第一次統廃合の成果を見極めてから、第二次に取り掛からないのか、その第二次を、バタバタと強行し、今度は、第三次。段々県民に周知する期間が短くなっていくのは、行政が、対話を面倒くさがっているとしか思えない。わが会派も、今回の性急な統廃合計画には反対なので、請願に「賛成」しました。

本日、お昼に、来年の統一地方選挙用の新聞社各社の写真撮りが行われました。「実力」以上にとは言わないけど、願わくば「それなりに」映っていてほしいものです。

写真は、窓を背にして机の傍らに立つ私。脱力しているくせに、思わずカメラ目線です。Cimg1827

« 教育を恐育にするな | トップページ | 強行採決 »