« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月26日 (金)

事務所開き

早朝姉崎駅での街宣。チラシまきの後、本日は、「事務所開き」。現在の事務所を、今後は選挙までの間、後援会事務所として使用していきます。昨日から皆さんが準備してくださった飾りつけは、ばっちり!とりわけ、Kさんが見事な横断幕を作ってくださり、いつもの事務所机は素敵なテーブルに変身。テーブルの上には華やかな花!花!そして、ご馳走!軽い食事とお茶、と話し合っていたはずが、食べきれないほどのご馳走!

そしてきごころの知れた人たちによるリレートーク。顔なじみの方々が次々出席してくださり、ささやかな事務所開きです。他の候補者の事務所では、1000人規模の人が参集したとのことですが、わが事務所は30人ほど?でも和気藹々。これから選挙まで、頑張ろうね。「必勝!」です。2007_0126071260015

写真は、身振り手振りでお話している私。本日は、カメラを忘れていったので、桑田さんに送ってもらった写真です。

2007年1月25日 (木)

いじめゼロ・サミット

午後、1時過ぎまで、ちはら台をウロウロし、すっとんで県庁議会棟へ。本日は、2時から県内小中高校生が集まって、いじめゼロサミットが開かれたのだ。会派代表として、私も、執行部席に座って見学した。児童会、生徒会などのそれなりの立場の子ども達が参集して、それなりの意見を述べる。会議は粛々と進む。引率の先生やら何やらで総勢400人が議場を埋め尽くしている。

・・・・でもなあ・・・何か、やだなあ・・・釈然としない。「いじめ」という子ども達ののっぴきならない日常が、だだっぴろい議場で「きれい」な言葉で総括され、それぞれの子どもが、真面目に意見を述べれば述べるほど、何だか、心に隙間風が吹く。

最後の「やめる勇気、とめる勇気、はなす勇気、みとめる勇気」異論はないけど、大人社会だって、止められない談合や汚職がはびこり、それを社内で止めようとしたり、内部告発したりする勇気は持てず、まして社長に直言・話す勇気は持てず、自分の非力を認めるのも情けないので、言い訳を繰り返し・・・「勇気を持って」なんて、軽はずみに口にできないほど難しい!。

きれいごとでまとめると、暗く重い事実が、古漬けの甕の底に沈み、隠され発酵して異臭を放つようになりかねない。

だからといって何もしなくていい、とは言わないし、「いじめ」を無くしていく努力は必要。妙案はないが、目の前に他者の心を傷つけるような小さな事件が起きた時、目をそらさず、向き合っていくしかない。大言壮語するより、小さな決意の方が、しんどい。それが「勇気」か?

古漬けや 言わず沈める 甕の底   真っ暗の友子 

以下の画面は、「いじめゼロ子どもサミット」の表紙 Save0075  

2007年1月22日 (月)

雨のち晴れ

朝、目覚めたら、雨。そこで、午前中、さっそく美容院へ。ちょっとすっきりして事務所に行く頃には、すっかりGOODなお天気。

午後は、また、ちはら台へ。暖かくてありがたいです。そうそう、昨日お伺いしたお家。「ハーイ」となにやら手にして、奥様が現れました。ん?えりまき?違います。フェレットです。どう見ても、顔のついたエリマキ。しかも、つぶらなお目目が、めちゃかわいい!でも寒さに震えている。「ちょっと触らせて」などど、選挙の話は一休みでフェレット談義。これでまた元気になりました。写真はインターネットから拝借したフェレット。Photo_4

2007年1月19日 (金)

終わり良ければ、すべて良し

まず、ネット事務所の看板の写真から。でかいでしょ?Cimg1908

朝日新聞で、ネット活動の今後について、誤解を招きかねない一文があったりして、とかく不穏当な一日。自分で原稿を書く場合と違い、どうしても取材記事は「こんなはずじゃなかったのに・・・」という内容に成りがち。やれやれ、です。

朝から、生活クラブ生協の30周年記念式典のお招きをいただき、出席。第一部では、10組の生活クラブを母体とする関連団体が次々発言。

私は、市民ネットの活動について、スライドを見ながら、解説。ちょっと時間オーバー(3分ではちょっと無理)にはなったけど、スライドに沿って話しました。(とりあえず、笑いを入れなければ、と思ってしまうのが、関西人の博美さんの影響でしょうか・・・・トホホ・でも竹内さん、山口さんの紹介もできて、よかった)

午後の第二部の冒頭は、鏡開き。お酒は、「祝いの雫」。東薫酒造(株)の純米吟醸酒のお酒が、その後、振舞われました。もちろん、車での来場者は飲めません。(お土産で、いただきました)。写真は、鏡開きの光景。以前、千葉県生活クラブ理事長を務めていた上符さんも鏡開きメンバーの一人です。Cimg1909

その後、県ネット事務所にとって返し、役員会。あれこれあって、議題も多く、ちょっと時間がかかったけど、私は、途中失礼して、市原へ。

実は本日、元「X-ジャパン」のメンバー「としさん」が、我が家の近所のおしゃれな居酒屋「かおん」に来て、コンサートをしたのです。いろいろな苦節を乗り越えてきた「トシさん」のコンサートは、アルコール、おいしい食べ物付きで聴くと、涙があふれそうになります。たっぷりとした心のひだに迫る声量で、日頃は騒々しい洋風居酒屋が、シーンとして、聞き惚れて・・・

・・・人気絶頂だった頃、新興宗教にはまっているだの何のと、マスコミにたたかれて苦しい思いをして、どん底を体験し・・・その後、コンサートもこなしながら、全国6000箇所の福祉施設や少年院などを回り、そこで数々の出会いをしてきたこと。自分自身が、かなりきつい家庭に育ったこと。容姿で、コンプレックスの塊だったこと。等等、笑いを交えながらのトークもナイスです。

誰もが多かれ少なかれ通る「青春の門」。しんみりと聴かせ、励まされ、終了後は、次々と聴衆が、トシさんと記念写真を撮ってもらい(私も)。CDも買い、大満足で帰宅しました。Cimg1913 ちょっと酔っ払って日記です。

2007年1月18日 (木)

忙中・閑あり

今日も、ちはら台。一日テクテクと足が太目の棒?になるほど歩き、たそがれ時まで。

帰路は、辰巳を通ります。「そうだ!新築の友だちの家に行って一服しよう」と勝手に決めて、立ち寄りました。幸い在宅。二世帯住宅を見せてもらい、ココアとコーヒーをいただき、ちょっとリラックス。

さて、お立会い!これは何でしょう?Cimg1903

なんと、名前がブロイラー君。船橋ららぽーと内のお店で買ったそうですが、ぎゅっと、軽く押すと、<ギィヴェ~グィグ・グワー!ヴィィィエー!>・・・・ひえ~っ!何ともいえない断末魔の雄たけびを上げます。つまり〆殺されてブロイラーになってしまったブロイラー君なのです。Cimg1904 Cimg1905 横から見た姿と、横たわる姿。お肌のぶつぶつが何とも生々しく、宙をさまようお目目がイタ・かわいい・・・。声をお聞きいただけないのが残念です。(博美さんには、携帯で聞かせて上げました)

続いて、猫ちゃん。Cimg1907 名前は?「コピー」「ん?ポピー?」「違う、コピー」なんで?

かつて、Kさんの家に出入りしていた雄猫がいたそうです。その猫がある日、こ汚い自分とそっくりの子猫を連れてきて、「この子をよろしく」と深々と頭を下げ、その後ぱったり姿を見せなくなったそうです。あまりに瓜二つ、お父さんのコピーのようだ、ということで、名前が「コピー」。美談です。父は今頃、どこでどうしているものやら・・・。お陰さまで私の疲れは、すっかり吹っ飛んでしまいました。

2007年1月17日 (水)

駆け足3日

15日、明日からの駅でのチラシ配布用の原稿を仕上げ、その後、ちはら台へ。ポカポカといいお天気です。

夜、明日のために刷り上ったチラシを折り始めて、「しまった!」。一部原稿の不備に気づき、急遽、内容を差し替えて、印刷をし直すために、事務所へ。一人事務所で印刷。でも事前に気づいてよかった・・・。

16日朝、八幡宿駅頭での街宣。その後、県警の新年の視閲式。初めて参加しました。初めての場所で、渋滞はするは、例によって、ウロウロするは・・・トホホ。写真は、式の最後のパレード。知事と議長が乗っています。帰路は車もスムーズに流れていました。Cimg1901

17日朝、五井駅西口での街宣。後期高齢者医療制度に関することを話していたので、関心のある方が、チラシを取ってくださる。「よくもまあ、次々、しゃべれますね」と、ニコニコと、あきれ顔の方も。すみません。朝っぱらから、お騒がせします。

本日、でっかい看板が事務所前に掲げられました。自分の顔をでかでかとさらすのは、本来なら恥ずかしいことですが、この際、厚顔無恥を決め込んで、でかい面をして往来に向かって顔と名前をさらします。ようやく選挙近い事務所の雰囲気が盛り上がってきました。写真は、明日、載せます。

本日おまけの写真は、能登から送ってきた「能登ワイン」。これから試飲します。Cimg1902

2007年1月14日 (日)

出初式・NPO・竹内さん

ピーカンのお天気の中、出初式。風もなく、雲ひとつないお天気。式典は粛々と行われ、最後に、恒例の、トビ職の皆様による木遣りやはしご登りの演技です。逆光で写真を撮っているから、まぶしくて画面が見えない。くじけずシャッターを切ったけど、たそがれのシルエットとなりました。「この辺だろう」ということでカメラを構えるから、すみません。肝心のてっぺんの部分が映っていません。Cimg1884

続いて、NPO団体の県内南地区の展示と講演会。会場がプラザ市原。こうして展示を見ているだけで、県南部にもたくさんの充実したNPOがいくつもあるんだなー、と感心します。もちろん、わが市原の団体も。

市原ルネッサンス、市原ネイチャークラブ、米沢の森を考える会、ゆめパークいちはらをつくろう会、こころの相談室いちはら、等、いずれもすごい!私たち市民ネットも、もっと活動を作っていけたらいいな、と改めて痛感しました。会場の写真が、又もぶれてしまいました。Cimg1885_1

そのまま駆け足で、花見川へ。本日は竹内悦子さんの事務所開き。新検見川の駅前にオープン。竹内さんは3期市議をした後、花見川ネットの代表をしていました。今回、花見川区で、無投票の事態はなんとしても避けなければならない、又、県議会も変えなければ、ということでの出馬の決意。ネット推薦ですが、全力支援の形となります。竹内さん、だれもがスピーチで話したのが、彼女の人柄。あったかくて、しんが強くて、いつでも配慮が行き届いて、頭の下がる竹内さんです。狭い部屋に人がごった返し、温かい会場となりました。頑張ろう!Cimg1894

こちらは、美浜区の候補者山口さん、私も加わって、3人でパチリ。Cimg1897

2007年1月13日 (土)

初ポカ

今日は、夫が運転手で街宣。ちはら台、午後は牛久、鶴舞方面。

鶴舞で知人の松田正平さん記念館に、ちょっと寄り道しました。新しい絵も購入されて拝見したり、おしゃべりしたり。ほんとにゆっくりできるのは、6月以降になるかな?松田正平さんの絵葉書を一枚買いました。老成?した様なとぼけてる様な、けったいな顔のワンちゃんです。Save0074

一日しゃべって、くたびれて、でもいろんな人と会えて、これはこれで、面白い一日でした。

しかし、しかし、その後が、いけない!青年会議所の新年会に行くつもりが、大ポカで別の場所に行ってしまった。しかも、手帳を家に忘れて来て、正解の場所がわからない!一旦家に帰って、手帳で確認して、出直しました。正解は五井グランドホテル!私的には、珍しいことではないけど、2007年度の、「初ポカ」です。大幅遅刻で会場へ。あ~あ、ナサケナイ

写真は、ホテルの会場で演じられたクラーク記念国際高校の生徒さんたちによるパフォーマンス・ダンス。青春は疾走する?動きが早すぎて、安いカメラでは、ぶれてしまう。ゴメンね、せっかくのダンスなのに。Cimg1874

2007年1月11日 (木)

賀詞・交歓会

今日は、主催:市原商工会議所、協賛:市原市臨海部工場連絡会の賀詞交歓会。市民会館でワイワイと集いました。

県議選が混戦模様ということで、そんな話題も交えての交歓会です。来週早々には共産党の候補者名も発表されるとのこと。こちらも、オオモノ候補者らしい・・・。益々厳しい選挙となります。ふ~・・・・っ。

午後の街宣から帰り、夕方、新聞記者さんから、ネットの直面する課題や、今後についての取材を受けました。取材を受け、それに応えること、30分(もっと?)

20年前にネットが誕生した時とは、時代も大きく変わりました。行政に市民参加の仕組みを訴えました。今では公募の市民が各種審議会、検討会に入って議論されるようになりました。(まだまだ形式的な部分も多いけど)。

成田や我孫子、川崎の「情報公開条例」が新鮮でした。今では、市町村が、情報公開条例を持つことは当たり前になりました。条例があることは、行政にとって、一定の抑止力にはなりますが、ではその条例を「市民の武器」として、われわれ市民が、使いこなしているかというと、まだ不十分と言わざるを得ません。

記者さんと話すことで、ネットのめざすべき課題が、改めてクリアーになりました。政策提案力を磨くこと。さらに広範な市民との連携をめざすこと。等等・・・ネットも改革・前進しなければならない、と、フットワークのいい市原のネットとしても、しんみり痛感です。

2007年1月10日 (水)

庁が省に

9日、1954年の発足以来、戦力不保持のタテマエから、「庁」にとどまってきたのに、とうとう、防衛庁が防衛省になってしまった。トップ記事にさえもならなかったが、確実に軍備増強を食い止めてきた小さな鎖が千切れてしまった感が否めない。どこへ行く日本。どうして食い止める?

「力」は、それ自体美学を持って一人歩きをし始める。対話や譲歩をまだるっこしく見なし、弱者は、強者の視野から消えてしまう。安倍首相は、憲法を変えることに益々、執念を燃やしている。日本全体が、レミングの群れのように、崖を目指している。・・・新年早々の悪夢。

昨日は、ホテル・ミラマーレで、千葉日報社主催の賀詞交歓会。800人を越える人が集まったということだが、それにしても、挨拶が、だ・れ・も・か・れ・も・・・長かった・・・ぁぁ。乾杯になるまでに1時間半近く。(最長記録?)

せっかくだからロッテのマスコット君と記念写真。あ~あ。Cimg1871_1

その前後は、県ネットの臨時運営委員会。本日は、市原で運営委員会。激戦が予想されるので、会議も白熱する。

いずれも、会議後は、街宣車に乗ってあちこちでピーチク・パーチク。

もう一枚のカットは、脈絡なく、旭山動物園のシロクマ君。何となく光一杯で、新年っぽい、でしょ?Save0060

2007年1月 8日 (月)

変な低気圧

昨日は成人式。国分寺台地区の成人式は市民会館で行われました。お世話いただいた皆様、ありがとうございました。

それにしても、きれいな女性陣。外人さんたちが着物を着ているのではないかと思うほどで、思わず「ハロー」と声をかけたくなる。男の子達もちょっと緊張して、本日はなぜかハンサム。

「青春」という言葉は「ばら色」にたとえられるけど、それほど、若いということは楽なこっちゃない。集まった新成人達の中には、きっと言い尽くせない悩みを抱えている子もいるはず。自分だけ世間から浮いている、と感じている子、コンプレックスがコートを着ている子もいるはず。

でも、でも、がんばれ!新成人。生きていれば、悪いことばかりじゃない。明けない夜はない。・・・かつて結構マイナーな青春を過ごした先輩としては、そんなメッセージを送りたい。Save0072

午後は、電線がヒュン・ヒュン鳴り、台風並みの風。暮れの突風といい、今回の風といい、やはり異常気象か?急遽、街宣は取りやめた。日本海側は記録的な大雪になるという。

うって変わって本日は、GOODなお天気。桑田さんと街宣車に乗り、海保地区へ。表に出てくださった皆様ありがとうございます。

午後は、国分寺台地区町会の賀詞交歓会。市民会館なら歩いて帰れる近さなので、ビールもしっかり飲みました。ワイワイ陽気な文字通りの交歓会でした。

2007年1月 6日 (土)

放てば手にみてり

本日も天気予報が当たって、雨が徐々に激しくなりました。しかし、本日から政策カー。途中、傘をさして、スポット街宣。お天気がよければ、外で聞いてくださる方と、対話もできるのだけど、雨じゃーねー。

夜は、医師会の新年会。医療制度の改変に関して学習会、講演会、書物を読む機会がおおいので、今年は、医療の未来を憂える皆さんのスピーチが、何だか身に染みます。

ところで、テレビでおなじみの武見敬三副大臣も後半で顔を出しました。(テレビで拝見するのおんなじ顔!マイクなんていらない大きなパワフルな声!でびっくり)

話変わって、昨日立ち寄った本屋さんで、「ふっと心が軽くなる 禅の言葉」(永岡書店)という本を見つけました。私の大好きな言葉が載っています。

「放てば手にみてり」・・・手放してこそ大切なものが手に入る、という意味。Save0059 本の6pにあった書家の文字です。

10年以上前、初めて市議選に出た時、青葉台のある年配のとても上品な男性が「老いていく事は、ひとつ一つ手放して軽くなっていくことなんですよ。それは寂しいことですけど、でも仕方のないことなんですよ」と、淡々とおっしゃった言葉が忘れられません。

その後、私自身も、時々手のひらを上に向けて、指の間から光を掬ってはこぼす動作を繰り返していることがあります。

「放てば手にみてり」・・・なんと気持ちが明るく、軽くなることばでしょう。ともかく、「今日」を手放して、明日はあした。楽しく、軽く、明日も元気に街宣車に乗ります。

2007年1月 5日 (金)

仕事始め

鈍りになまった身体を引きずり、午前中は結局パソコンの前、その後、事務所へ。

明けましておめでとうございます、のご挨拶の後、Tさん、岡村さんと共に、ちはら台のMさんのところへ。ちはら台のまちづくりについて、縦横無尽なお話を聴かせていただき、びっくりしたり、勉強になったり。どんな経歴の方?にこにこして詳しくは語られないけど、お主、只者ではない!ナニモノ?

市原市には、まだまだ様々な人材がありそうです。本日は、新年早々とってもお得な一日でした。

カットは息子の大学時代の友人I君の水木しげる風ドラえもん、のび太の「絵」。ナンシー関の消しゴム絵のような味わい。(彼は、直接フリーハンドで描き込むそうです)。「顔事典」で検索してください。他にもナイスな絵がどっさりです。Photo

2007年1月 4日 (木)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます

暮れの29日早朝から里帰り。とうとう年賀状は間に合わず、田舎に持ち帰りコタツで宛名書き。しかし、能登の果てから書いたのでは、千葉へ賀状が届くのはいつのことやら・・。

能登行きの航空券は手に入らなかったので、小松空港までの切符。しからば、ということで、金沢の妹の所へ寄り道。妹の夫さんは2年ほど前に整形外科を開業している。その初めての病院訪問。おしゃれで素敵なクリニック。

年末の仕事納めの日午後は休診だったので、ウォーターベッドに横になり、電動マッサージをしてもらった。グニュ・グニュ・ラクチン♪と、いい気分でいたら、にょきにょき育った甥っ子達が「こんちわー」と部屋に入って来て、ベットに横たわる私を見て、「うわっ!友子おばさん!ちっちゃい!ワハハ・・」ーーえーえーどうせ小ちゃいですよ!ベッドの頭の方も、足元もたっぷりあまってますよー。

何とも賑やかで楽しい甥、姪たちです。金沢にお住まいの皆様、骨折の切は是非、菅原整形外科クリニックをご利用ください。

その後、実家へ一路。とっぷりと日が暮れて、遠いなー。写真は実家の前の国道。森閑としたものです。昔は履物屋、床屋、つい最近まで食料雑貨屋、菓子屋、などでした。Cimg1855

その国道を横切って5分ほどで漁港に出ます。大晦日で船はお休み。潮の香がいっぱい。Cimg1864

家の裏から外へ出ると妙厳寺という大きな浄土真宗のお寺。お寺側に立って、山門から覗くと、向こうの明るいあたりが海の水平線。何となく、嬉しい。Cimg1863

おかげさまで母は元気でした。何より嬉しい。

元日に千葉に帰り、今度は、千葉でお正月。子ども達やら、孫やらで、これもちょっと嬉しい。写真は、2日に娘と養老渓谷の「新川」に出かけた帰りの高滝神社です。大勢のひとで賑わい、お抹茶もいただいてきました。Cimg1869

さて、明日から、仕事始めです。頭を切り替えて、頑張るぞー。

それにしても、年頭会見で安倍首相は挑戦的に「改憲」なんぞと口走ってるのを聴いてしまった。ああ、やだ、やだ。Save0055_1

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »