« 浅野・旋風吹いてます | トップページ | がんばれ!川本さん »

2007年2月18日 (日)

浅野さん旋風・その2

昨日は、いよいよ市民ネット総会と、浅野史郎さんをお招きしての講演会。

1時から、急ぎ、総会。総会資料作りの皆様ご苦労様でした。また、当日会場準備もてんやわんや。

浅野さんは、民主党が東京都知事候補に担ぎ出そうとしている、まさに「時の人」。各社のテレビ局からも「カメラを入れたいが」という問い合わせがあり、ミーハーとしては、「もしかしたら、私たちもスミッコに映ったりするかな?」と思ったりもしたけど、でもまずは、しっかりお話を聴く体制を作りたい、ということで、大きな涙を呑んでお断りをした。(ああ、もったいない)。

質疑の時間も当初は設けていたのだけど、それも、急遽こちらの判断で、中止した。(浅野さん自身は引き出しの多い人であり、どんな観点からの質問でもOKなのだが、なんせ生臭い選挙間近の時期だけに、公平にすべての会場質問をお断りすることにした。(これも、もったいない話・・・.後で会場から質問したかった、という苦情も・・・申し訳ありません)

そんなこんなの準備の後、1時間半、たっぷりお話していただいた。お話はクリアーなんだけど、写真は遠くからの写真をズームしたので、ちょっとぼけたアップ。P1000879

機関銃のように飛び出すお話の中から拾い書きです。

東国原宮崎県知事は、まずは、「センス・オヴ・ワンダー」(驚きを感ずるセンス)を大切にしてほしい。議会の常識は、世間の非常識なのだから、市民の目で議会、行政を見て驚いてほしい、そこから、改革が始まる。

入札改革・・・宮城県は1000万円以上はすべて一般競争入札にした。その結果、入札改革を行って落札率が74.9%に下がった(長野県が74.8%で1位)。「安かろう、悪かろう」になるという言い分があるが、1年後に検証したけど、落札率と不良事業に相関関係はなかった。「安かろう、悪かろう」という事例もあるが「高かろう、悪かろう」も同様にある。

談合問題は、スピード違反に似ている。つかまった人は、「罪」を悔いるのでなく、つかまるようなしくじりをしたことを悔いる。談合も見つかったことを悔いる。大事故に結びつかないようなスピード違反は、罰金を払う自分以外に被害者はいないが、談合には「被害者」がいる、それは、「納税者」である。そのような意識で行政監視をすべきであり、入札改革をすべきである。(わかりやすい!)

地方分権、という言葉についても、言及。東京は地方ではない、という人もいるが、間違い。青森で「地方発送承ります」とでていれば、青森からみれば、東京だって地方。霞ヶ関に対して、すべての自治体が地方になる。

また、人の住んでいる現場が「地方」である。慶応大学で教えていても、国策やら国際問題に関心を持つ学生はいるけど、半径10キロメートルの自分の足元のことは、何にも知らない。(総理の名前は知っていても、地元の市議の名前は一人もいえない、のが現実。)暮らしの現場がすなわ地方である。まずは、選挙、そして、傍聴に一回くらいは行ってみる。そこで初めて議会に対して「センス・オヴ・ワンダー」となる。・・・

三位一体改革などというから、神学論争みたいにわけがわからないことになる。「地方財政自立改革」といえばわかる。採用されなかったけど。

地方が自立するということは、すなわち、住民が自立すること。政策を選択し、自由と責任を担い、住民が主体的に政策をコントロールすることこそが、地方分権です。

市議会がなくて困りますか?議会は何をやってんでしょうね。チェック機能だけなら、そんなに人数はいらない。だから議員定数削減の話ばかり出てくる。

議会の本来の役割は、「立法権」を行使すること。条例をつくりましょうよ。行政が作った予算(案)のあれこれ言うだけでなく、もっと編成そのものに、タッチしましょう。細かいドブ板の要求をするのでなく、政策の柱・方針を作ることに関与していくんです。そういう意味では、市民や行政と「つるんで」つくっていく。それでこそ、車の両輪といえるんです。「つるむ」というといやらしいけど、英語で言うと、「コラボレーション」というんです。(ほんまかいな?)

地方自治は「民主主義の学校」といわれます。であるなら、「入学」しなさい。「納税」という授業料を払っているんだから、堂々と、投票し、傍聴し、なんなら、議員になればいい。団塊の世代は、退職後、地域貢献のために「ボランティアで議員になる」。いいんじゃないですか?お金は退職金やら、年金やらもらうんだからいらない。そのお金を積み立てて、次の後継者を出していく、・・何てことも考えて良いんじゃないですか?・・・などなど、書ききれないけど、てんこ盛りのお話でした。1分間に1回、笑いをとらないと落ち着かない、という浅野節を堪能させていただきました。

写真は、その後、受付の辺りで勢ぞろいしたところ。「浅野さんは、ここにお願いします」と言ったら、「では前列は、ウンコ座りの中腰で・・・」、最後まで笑いっぱなしの顔・顔・・・P1000897

« 浅野・旋風吹いてます | トップページ | がんばれ!川本さん »