« 能登沖地震! | トップページ | 残念な結果になりました »

2007年3月29日 (木)

いよいよ本番!告示!

選挙戦というのは、本番までの道のりが遠いもの。はるばると、テクテクと歩き続けて、ついに明日、告示!

私はこの数ヶ月、議会改革を訴え続けてきました。環境、福祉、教育、それぞれに課題山積であり、自分でも関心を持って4年間取り組んできました。一定の成果もあったと、ちょっとは自負してもいます。でも、でも、ほんとに情けないくらい実現できなかったのが議会改革。県議会議員報酬の平成19年度予算は、14億5千万円。報酬月額82万、政務調査費月額40万円(年間領収書もなしに480万円)、その上、開会中は、日当14600円!。これで4年間、、全く発言しなかった議員が17人もいたとなると、税金の無駄遣いでしかない。

常任委員会は録音テープも取っていないから、さだかなことはわからないが、そこで4年間、発言しなかった議員となると、約7割はいるのではないかと思う。中には、4年間、判で押したように、「ご異議ありませんか」・・・「なし!」これだけで4年間すごした議員がいる。それでも地元へ帰れば、それなりに活動した、としゃべっていることだろう、と思うと歯がゆい。

こんな議会を変えたい。県庁組織の縦割り行政の仕組みも変えたい。もっとあったかい血の通った質議のある、生身の人の心の感じられる応酬のある議会にしたい。だから議会の実態を各地で訴え続けた。これからの9日間も訴え続けます。

選挙は、議会にスポットが当たる大きなチャンス。夕張市の議会、なんのチェック機能も果たさなかった。千葉県の議会、果たしてチェック機能を果たしていますか?まして、政策立案なんて、夢のまた夢でしかないのでは?・・・自らにも問いつつ、この数ヶ月、市内各地でハンドマイクや政策カーで訴えました。

選挙近くなると地元市原にいる時間が増えます。これは、はっきり言って、とても、嬉しい。県議会議員になると、どうしても、活動範囲が広がり、なんだか自分だけ遠い所で仕事をしている気分になり、地元で、かってに疎外感を感じていただけに、地元で暖かい声をかけていただけるのは、ほんとに嬉しい。だから、寒い日、風の日のきつい外歩きも結構幸せな気分でやってこられました。

暮らしの根っこは、まず身近なご近所の中にあります。自然、街、付近の人たちの日常的な悩み、まちづくりの活動、たわいもない会話。こんなことが、即、大きな県、国の仕組みにつながっていることを再認識しながら、ご近所の方々と話し込むことを、数ヶ月、繰り返してきた私です。

だから、私自身は、なんだか、寂しい空っぽになっていた心が、ずっしりとあったかい想いで詰まってきたような「嬉しさ」を実感しています。たくさんの方の励ましをいただきながら、明日の出陣式を迎えます。多くの方から寄せられる「期待」は、私に課せられた今後の宿題でもあります。「期待という重い想い」を鞍に乗せた駄馬が、ゲートに入ります。駄馬もおだてりゃ木に登る。(がんばります!)

ホームページはしばらくお休みになります。そこで一枚。大野博美さんと「法定ビラ」のチラシ作成の相談中「○○党のわがまま、意のまま、なすがまま」というキャッチフレーズを口ずさみました。そして、ついでに「なすがママなら、きゅうりがパパよ」と言って、元気にプツンと電話を切りました。「へ?」と鈍い私は、ポカン・・・すぐ気づいて大笑い。さっそくお絵かきです。久しぶりのばかばかしいお絵かき。

(法定ビラというのは、唯一、告示後に配ってもいいチラシです。候補者の名前や、候補者をイメージするイラストもいけない、というわけのわからないビラですが、唯一配布を許されているビラなので、結構、力を入れて作成します。「告示後は個人を特定できるチラシは一切まかりならん」というくだらない縛りは、何とかならんのか!公職選挙法!また、一般市民の皆さん、告示後に堂々と名前の入ったチラシが配布されたら、それは違反チラシですよ。くれぐれもご注意!)

なすがママなら、きゅうりがパパよ。産まれたこどもは空っぽおつむのピーマンちゃん。それでも仲良し野菜の家族!Save0017_2

« 能登沖地震! | トップページ | 残念な結果になりました »